保険おすすめ|保険資料請求キャンペーン!

保険資料請求キャンペーンや医療保険資料請求で損しない医療保険解約の落とし穴!任意継続保険料上限知らない?がん保険資料請求や中絶手術費用保険など保険資料請求ポイントで勘違いする保険無制限?保険資料請求プレゼント貰って保険契約で大損しない保険契約の実態を大暴露?!

保険おすすめ

保険おすすめ保険資料請求キャンペーン

保険資料請求キャンペーン

保険おすすめ保険資料請求キャンペーン

保険は誰が決める?

何も考えないで加入した保険?

本当に必要な保険ってどれですか?

保険ほど簡単そうで難しい仕組みの契約はこの世にない、とは言いすぎでしょうか?

無料で親身に相談してみればわかる価格の差!

今がチャンス!

プロに無料相談して、結果だけ見るのが一番の近道で楽?

保険おすすめ保険資料請求キャンペーンが選ばれる7つの理由とは?

  1. 保険を使って貯蓄と保障を同時に実現できる
  2. 一度に、色んな保険を比較できて時短になる
  3. 強引な勧誘がないので、相談するのが気楽
  4. 何回相談しても、何時間相談しても無料
  5. 自宅や近所のファミレスまで出張してくれて便利
  6. 加入後のアフターフォローもしてくれるので安心
  7. 保険の手続きもお支払いも、すべて担当者が行うので、スムーズ!

保険生命・医療保険・学資保険など

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

保険比較!本当に必要な保険がわかる見直し相談とは?

保険相談で系安すべきポイントを知る ことが基本!

保険相談なら保険比較も簡単!本当に必要な保険がわかる見直し相談とは?【保険相談 商品券】

本当に必要な保険がわかる保険選び方や保険相談は、無料で解決できる保険見直し専門家を選べる方法を知ることが大切ですよ!

★生命保険見直しと選び方について

生命保険とは保険加入者が死亡もしくは高度障害の時に、保険金が受取人に支払われる保険です。でも実際には生命保険の種類や加入の仕方ってなかなか分かりにくいですよね。生命保険を見直すといっても何を見直したらいいのか分からない人も多いと思います。まず理解しておくべきなのは、生命保険にもいくつかの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあるという点です。生命保険には主に終身保険と定期保険があります。

終身保険とは、死亡や高度障害の際に一生涯にわたり保障金額が変わらない生命保険です。毎月の保険料は一生涯変わらず、保障される金額も変わらないので、老後にも安心できるのが大きなメリットです。保険料の支払いは60歳・65歳で終了というコースを選ぶこともできますから、保障は一生涯でも老後の経済的な負担を減らすことができます。掛け捨てではないので、将来への貯金や投資と考えて加入することもできます。デメリットは保険料が高いわりに保障金額が少ないことで、老後は安定していますが若い世代が家族の生活を大きく保障するのには適していないかもしれません。

定期保険とは、死亡や高度障害の際に一定期間のみ保障される生命保険のことです。定期保険のメリットは毎月の保険金が少ないのですが、保障金額が大きいという点です。残された家族の生活を保障する必要がある若い世代は、保険安い料で大きな保証金を得ることができます。デメリットとしては年齢と共に保険料が上がりますから、65歳以上の老後になった時には保険料が非常に高くなったり、保障金額がほとんどなくなったりと、一生涯の保障が得られないという点があります。また保険料も掛け捨てに近いものが多いのもデメリットの一つです。

生命保険を見直す際には、終身保険と定期保険のメリットとデメリットを生かして、両方組み合わせて加入することができます。例えば、終身保険500万円に加入して、5000万円の定期保険の特約をつけるという形です。30代の時と60代の時では、必要な保証金額も異なってきます。何歳のときにいくらぐらいの保障が必要なのかを十分に計算して、その時に必要な生命保険に加入することができます。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

生命保険の加入と選び方

最近では多くの方が加入している生命保険ですが、実際には内容がよく分からずに選んだり加入したりしている方も多いと思います。よく分からずに加入する前に、生命保険の種類やそれぞれのメリット・デメリットを理解してから加入する必要があります。生命保険とは死亡したり高度障害になった時に、保険金が支払われる保険です。生命保険には主に終身保険と定期保険があり、この違いが理解できれば選んだり加入したりするのがずっと容易になります。

終身保険とは一生涯にわたって保険料と保障内容が変わらない生命保険です。一生涯変わらないので、若い時だけではなくて老後にも安心して保障を得ることができるというメリットがあります。最近では60歳・65歳で支払いを終えるタイプもありますから、老後の経済的な負担を減らすことができてさらに安心です。また掛け捨てではないものが多いですし、掛け捨てでも若い時に加入すれば保険料が上がらないので老後が安心です。デメリットとしては大きな保障金額を得るためには多額の保険金を支払う必要があるという点です。ですから若い世代で残された家族に大きな保障をする必要がある方には適していないかもしれません。

定期保険は一定期間の間、死亡や高度障害を保障する生命保険です。一定期間だけ保障することで、保険安い金で大きな保障を得ることができます。特に残された家族に大きな保障をする必要がある若い世代に適しているといえます。30代の方が死亡した場合、残された家族に一年で最低240万円の生活費が必要だとすると、定年の60歳までに30年間あり、7000万円ほどの保障が必要になります。逆に60代になればこれほど大きな保障は必要なくなります。それで何歳の時にいくらの保障が必要なのかを計算してから定期保険に加入する必要があります。ただデメリットもあり、満期になると保険料が上がり保障金額も減りますから、老後の安定した保障には適していません。このように終身保険と定期保険の特徴をしっかり理解することで、納得のいく方法で選び加入する必要があります。

★自分にぴったりの保険に加入しましょう

保険の加入件数は20年前は一人当たり2〜3件でしたが、現在は一人に1保険が一般的です。
若い人の中にはなぜ保険が必要なのかわからない方もいると思います。
病気や怪我で入院をした経験がない人は特にそう感じるのではないでしょうか。
保険といっても用途によってさまざまな保険商品があります。
特に医療保険はその内容や種類が複雑でわかりにくいです。
医療保険の必要性についてですが、自分はいつ入院しても大丈夫なくらいのお金を持っているから困らない。
という人は医療保険は必要ないと私は思います。
逆に困るという人は、医療保険に加入すべきです。
実際、入院してみて初めて入院費・治療費・手術費等がどれだけ掛かるのか。
入院が長くなれば、その間仕事もできないので収入も減るという不安もあります。
また、最近の医療は発達し、目まぐるしい進歩を見せています。
その医療技術の進歩によって入院日数が短期化し、日帰り入院という言葉もよく耳にします。
医療がどんどん進化しているので、医療保険もそれに合わせて進化しています。
自分は5年前に保険に加入したから大丈夫…と思ったら大間違いです。
5年前の保険の保障では、現在の医療に合っていない可能性が高いのです。
保険は加入したままではなく定期的に見直せなければ、いざという時に役に立ちません。
見直すタイミングは、自分の生活環境が変化したときに保険も一度見直した方がいいです。
生活環境の変化といえば、20〜40代後半の方ですと結婚したり、子どもが生まれたときなど。
50〜60代後半の方ですと退職したときなど。
その人によってタイミングは様々です。
その見直すタイミングで、自分にぴったりの保険を選べばいいのですが、選び方もよくわからない人は、
まず現在加入している保険会社の担当者に相談するのが一番手っ取り早いです。
担当者がいない場合、保険会社のパンフレットを入手して、その中から自分にとって
弱い部分を考えてみて見てください。必要なものが見えてくるのではないでしょうか。

生命保険や医療保険・損害保険の無駄を省いた保険料金の見直し情報

生命保険・傷害保険・医療保険・自動車保険・がん保険・学資保険など

料金に納得できる保険契約!ネット保険の見積と申込を検討したい!

今入っている保険やこれからの生活設計に合わせて、必要な保障を増やし、必要のない保険を減額する必要があります。

年々増加する保険の種類をすべてカバーすることは不可能なことです。

実際に保険補償が発生した時に、本当にない困る保険をセレクトして、補償を厚くしたい。

逆に、発生する確率もかなり低く、いざという時には、別の手段等を利用することにより、何とか切り抜けれる見込みのあるものは、思い切って切り捨てることも必要でしょう。

限られた資金を、最も有効に活用する必要があります。

生命保険医療保険個人年金保険の無駄を省いた保険料金の見直しでお値打ち保険に加入出来る情報

生命保険・傷害保険・医療保険・自動車保険・がん保険・学資保険など

料金に納得できる保険契約!

ネット保険の見積と申込を検討したい!

今入っている保険やこれからの生活設計に合わせて、必要な保障を増やし、必要のない保険を減額する必要があります。

年々増加する保険の種類をすべてカバーすることは不可能なことです。

実際に保険補償が発生した時に、本当にない困る保険をセレクトして、補償を厚くしたい。

逆に、発生する確率もかなり低く、いざという時には、別の手段等を利用することにより、何とか切り抜けれる見込みのあるものは、思い切って切り捨てることも必要でしょう。

限られた資金を、最も有効に活用する必要があります。

★保険見直し!この先に何かあるかもしれないと考えるだけでも恐ろしい現実感のない言葉

生命保険という言葉は、未来を予測しているようでいて現実感のない言葉でもあるように思います。
この先に何かあるかもしれないと考えるだけでも恐ろしいですし、そういったことがあったときのことを考えればもっと怖くなってしまいます。
しかし、そういった何かがあったときにこそ助けてくれるものが生命保険であり、転ばぬ先の杖となりえるものでもあります。
先のことを考え、そのときにどうしてほしいかと考えれば、生命保険の選び取り方も見えてくるでしょう。

生命保険に入っておこうか?と考えましたときに、最初にぶつかる壁がその種類の多さでしょう。
扱っている保険会社が多い上に取り扱いのある生命保険の種類までとなりますと膨大な量になります。
しかしながら、その多い中からどうやって絞り込み、検討していいのかが分からずに加入している方も多いように感じています。

その数多い中から選び取るにはどうすればいいのか?
まずは、その種類を理解するところからです。
生命保険には簡単に申しますと、掛け捨てタイプ、貯蓄タイプ、おこづかいタイプなどのいくつかのパターンに分かれます。

掛け捨ては言葉の通り、保険を掛ける分のみを支払い返ってくるお金がないタイプです。
もちろん保険の機能はついておりますので、傷病時にはきちんと給付されます。
保険のみとなりますので金額的には安く、加入しやすい保険です。

貯蓄タイプは保険と貯蓄が組み合わされたものと考えて下さい。
保険の機能に追加して、預金のように少しずつ貯めていきます。
満額までの期間も長く、支払って行く額も少し大きくなりますのが特徴です。

おこづかいタイプですが、こちらは貯蓄タイプに似ております。
貯蓄タイプのように満額までの期間が長く、そこまで続けられるかも不安な方におすすめです。
例えば3年に1度のように、払い出しの期間を短期間で区切っています。
10年、20年などの長期スパンで考えるのではなく、短期スパンで払い出しを行ってくれます。
額は大きくなくとも、定期的にもらえるご褒美やおこづかいのように考える方に合う保険です。

簡単に大きく分けまして3つの保険内容から考えまして、選び方の根幹となさるといいでしょう。
そこから、支払っていきます額や傷病手当の内容の合うものを出している保険をいくつかピックアップし、内容を精査することにより、考えておられるものに近い保険を選び取れるはずです。

★保険見直し選び方はファイナンシャルプラナーが一番知っている

保険の見直し選び方はとても大切です

位置までも同じ保険がいいとは限りませんからね

時代に適応した生き方が必要だし

保険も時代にあってものでないとね・・・

必要な保険と必要でない保険の区別をハッキリ判定しないと

無駄な保険料を生涯払い続けることになります。

それも安い保険料ならいいのですが、医療保険やがん保険など

いろんな保険を別々に掛け捨て、保険料を支払い続けると、家計の破綻に繋がります

最初はちょっと不安だからと保険屋さんにうまく乗せられ、語年十年と長期的に無駄な保険料を払い続けていると

そのうちに、こんな保険本当に必要なの?

って疑問を多々もち出すようになってきます。

国民保険料や社会保険にせよ、収入に対する支払い比率は年々増加していきます

最初は、コレくらい大丈夫だって思った保険料が徐々に重くのしかかってきます

それもそのはず、

必要な保険は、年々増えていき、とどまるところを知らないからです。

その割に給料は上らない

上らないだけならまだましですよね!

下手しなくても、お給料は相対的に下がる一方ではありませんか?

こうなると一日でも早く保険の見直しが必要となってくるのです。

>保険選びはFPや保険ショップを利用

保険選びはFPや保険ショップを利用してみてください

★保険の選び・保険と言ってもかなり色々な種類があります。

医療保険や、生命保険、自動車保険に、家財保険などなど。
保険はありとあらゆるところで私達を守ってくれる盾のような存在だと思います。

最近では、保険の種類も、内容もバラエティに富んだものが多くなってきていると感じます。
その中で、自分にぴったりのものを見つけるのは、自分ひとりではとても無理だと思います。
そこで、頼りにしているのがファイナンシャルプランナーや、保険ショップの店員さんです。

この方達は、自分で保険を勉強するよりはるかに高い知識を持っています。
特にファイナンシャルプランナーの方は保険選びだけではなく、ライフプランニングもしてくれるのでとても頼りになります。
しかし、なかなか身近にファイナンシャルプランナーに相談できる場が無いので、
保険選びは、保険ショップを利用するのが手軽で安心だと思います。

保険の選び・保険ショップは、駅中、ショッピングセンターによくあります。

ここ最近、特に増えてきているので、お住まいの地域に一軒はあるでしょう。
保険ショップを利用するポイントは、複数のショップで話を聞くことと、契約したい保険のネット申し込みがあればしてもらうようにする事です。

特に、複数のショップで話を聞く事はとても重要です。
保険ショップは、契約を成立する事で取り扱っている保険会社から、報酬がもらえる事で成り立っています。
という事は、取り扱いの無い保険会社の話は聞けませんし、契約できないことが多いのです。
また、スタッフによっては、医療保険の相談に行っているのに、生命保険を強く勧めてきて話にならないという事もありました。
生命保険は報酬が高いので、何とか生命保険を契約させようとしているのだと思います。
上記の事は、複数のショップを利用すれば解消します。
ぜひ、取り扱いの保険会社が違うところを何店か利用してみてください。

保険の選び・契約しようとするときに、インターネット申し込みが得

また、気に入った保険が見つかり、契約しようとするときに、インターネット申し込みがあればそうしてください。
ネット申し込みは保険料が割引される事がよくあるのです。
これを利用しない手はありません。

生命保険の加入と比較情報

生命保険料は、年齢や性別で保険料金を明確に試算シュミレーションできます。

口コミランキングで定番の生命保険とは?

非喫煙者に有利な利用金体系や顧客満足度が高かった生命保険の紹介など。

生命保険の比較・選び方から生命保険控除、お得な団体信用生命保険まで生命保険の資料請求や申し込みまで一気にわかります。

★保険の選びポイント

保険の入り方について何をどう選んだらよいのかよくわからないという人は、「我が家に起こったら大変なこと」をポイントにして考えてみましょう。たとえば、「一家の大黒柱がいなくなったら困る」「妻が病気になったら医療費をどうするか」など、様々な大変なことが思い浮かんでくるはずです。それをリストアップしたならば、実現した際に困るレベルが高い順に並べてみて、そこから加入する保険を決めるといいでしょう。「大黒柱がいなくなったら困る」というのであれば死亡保険、「老後の生活が不安で仕方ない」というのであれば年金保険、といった具合です。

★ニーズに合わない保険を切り捨てる

この順位付けによって、ニーズに合わない保険を切り捨てることにもつながってきます。ニーズを満たさない保険に入っているというのは無駄に保険料を支払っていることになりますので、それを防ぐためにも保険は目的に合わせて、必要な内容を必要な時期に合わせて必要となる分だけ準備するということが大切なのです。

★保険会社を分散させて加入

また、保険会社を選ぶ際には会社を分散させて加入した方がかしこい選択といえます。加入する際に、住所変更などの手続きの管理のことを考えると同じ会社にまとめて入った方が楽は楽です。しかし、それぞれの会社には死亡保障に強い会社、医療保障に強い会社などそれぞれ得手不得手がありますので、それに合わせて加入した方が得です。また、一社に限定してしまうとその会社が万が一経営破綻を起こした場合に、加入している全ての保険に影響が出ることが考えられます。
現代社会では分散加入を行うのはけして難しいことではありません。インターネット上で各保険会社の資料を簡単に揃えることができますし、保険ショップといって多くの保険会社の商品を一店舗で扱っている店も増えています。そこではファイナンシャルプランナーなどが、それぞれの顧客や家庭の事情を考慮した上で複数の会社の商品を選択できるように紹介してくれるという利点があります。

生命保険の種類と必要性について

もしものことがあった場合、私達の生活を支えてくれるのが保険です。

例えば自分が家族を養っているとします。

しかし、突然大きな病気にかかったり、思わぬ事故に巻き込まれてしまうこともないとは言えないのです。

そのような事になってしまうと、心配なのが残された家族です。

大切な家族の生活を守るためにも必要となってくるのが生命保険なのです。

今は元気だから大丈夫と思っていても、先のことは誰にもわからないので、いざという時の為に生命保険に加入しておくと安心です。

生命保険は大きく3つに分けることができますが、多く利用されているのが定期保険と終身保険です。

定期保険の特徴としては、期間が定められており、この期間内に保険に加入している人が死亡した場合、受取人に指定されている人に死亡保険金が支払われるという保険です。

毎月支払っている金額は掛け捨てとなり、解約したり満期になっても戻り金がない保険です。

ライフプランに合わせて金額が設定できますが、比較的保険料は安くなります。

終身保険は、名前の通り一生死亡保障の期間となっている保険です。

定期保険は期間が定められており、その期間内の保障となりますが、終身保険は死亡時が保険の終了日となります。

そのため掛け捨てではなく、毎月支払う保険料は積立となるので、途中で解約しない限り支払ってもらえます。

また支払いが困難になったなどの理由から途中解約した場合でも、全額ではありませんが戻り金があります。

終身保険は積立式になっているので貯金として利用している人も多いのです。

しかし定期保険より保険料は高額になります。

このように生命保険は、自分のライフプランによって保険の種類や金額を決めることができ、いざという時にとても助けになります。

我が家でも定期保険と終身穂保険をしっかりとかけているので、もし何かあった場合でも安心です。

医療保険

医療保険は終身保険で払込み済みなら安心!

保険比較サイトでの人気ランキング保険完全網羅、保険料が上がらない選び方。

入院・通院・生命の保障の見直しラクラク!

お子様からご年配まで先進医療保障で一生涯保障!

医療保険加入のヒント

この十年程の間に躍進的に成長したのは、医療保険ではないでしょうか。まさしく現代の保険業界において主力商品と言えるでしょう。

しかしながら、すでに契約件数が多く、新たな契約は頭打ち状態になっているのも現実と言えます。

この保険により、外資系保険会社が日本国内で大きく成長したことは、今まで鎖国状態だった日本の保険業界には大きな打撃だったことは否めません。。

また、国内の保険会社も今後は、日本国内ではなく海外での販売を本格的にすすめているようです。まだ、国によっては生命保険などが普及していない国も多くあります。

そんな外国で、日本のきめ細やかなサービス、心遣いで人々の心をつかむという戦略なのかもしれません。

しかし、ここでは、国内の医療事情をみてみましょう。まず、医療保険を知る前に、日本の医療の実態を知らなければいけません。

我が国の病院は、8565軒 病床、1578254床 診療所、100152軒 病床、125599床

歯科診療所は、 68474軒 薬局、55797軒 (H24.10.1時点、薬局のみH26.3月末時点)

医師、303268人 歯科医師、102551人 看護婦、1067760人 薬剤師、280052人 保健師、57112人 助産師、35185人(H24.12.31時点)

また、医療費国民負担は、基本として、6歳まで(就学前まで)2割負担、就学後~70歳まで、3割負担、70歳以上~75歳未満、2割負担、75歳以上、1割負担

しかし、70歳以上であっても、収入が現役並みの経済力の方は3割負担。この負担額は、自治体によりかなり異なっており、自治体によっては

15歳まで(中学生まで)無料という東京23区もありますし、小学生まで無料の自治体もあり、その自治体の財政状況や力を入れている物事により、異なっています。

中には、子どもの医療費などの負担割合で引越し先を決めるなんて言う方も多くいます。また他にも、入院などの場合にも、高額医療費制度があります。

月々一定の額を医療費が超えると超えた分を払い戻してくれる仕組みです。また、先に手続きをしておけば窓口で一定の負担額以上は支払わなくてもいいのです。

この一定の負担額も、その人その人の収入額などによって異なります。非常にありがたい優れた制度です。

しかし、我が国は長寿大国、医療費の負担が国を圧迫していることは、分かるはずです。

今後、どの程度、医療費制度が崩れることなく、維持できるかが、私たち個人の医療保険に関係してきます。

仮に、このまま日本の医療費制度が変わることなく遂行すれば、少し自分で医療保険をかけておくだけで問題ないでしょう。

しかし、医療制度が崩れ負担額が増えていくと、どうでしょう。そう考えると、やはり加入する必要性がおのずと見えてくると思います。

また、入院の際に個室を希望したり、ベットの差額分(ベットというよりお部屋の人数などを言うようです)など保険がきかないものもあります。

それも、毎日費用がかかるものです。そうなると、やはり備えておく方が賢明だと思います。

じゃあ、医療保険の何を見て選べばいいのでしょうか。

平均入院日数、約32日、一日にかかる費用平均、13618円。

このうち、治療などの医療費は、5120円、食事代1日3食、1080円、ベッド差額代、5918円、家族の交通費、1500円というわけです。

個室や少ない人数の部屋を希望する場合は、やはり少し多めに医療保険の金額を考えておく方が良いかもしれません。

しかし、ベッド差額代は、本来希望者や同意した人しか請求できません。なので、それほど気にならないようであれば、差額代は大丈夫だと思います。断言は出来ませんが。

また、入院平均日数も32日となっています。最近の傾向として、医療の進歩によって入院日数が短くなっているように思います。

ですので、入院一日目から保険金がもらえるほうがおすすめです。

また、最近の手術に関しても飛躍的に進歩しており、日帰り手術などがあります。そういうケースも考えて、保険の手術対象内容も確認してみるのも、ポイントかもしれません。

ですので、入院が短ければ、通院して経過を見ることもあるでしょう。その分、通院手当がついている方が交通費がまかなえます。

手術も開腹手術ではなく、カテーテルなどによる治療があり、短期間の入院や治療が以前より多くなっていることも、気にかけておくとよいでしょう。

もちろん、長期入院もないとは言えません。両方に備えて保険は検討してください。

また、皆さん、平均してどのくらいの保険をかけているのでしょうか。気になりますよね。

医療保険を個人で契約している人は、男性が、81.4%、女性が、83.9%。一日当たりの保険金額は、男性が、10881円、女性は、9000円。

治療費は、男性も女性も関係なく同じだけかかるのですが、男性の方が少し多いようです。でも、やはり、多くの方が、健康には関心があり、医療費についても

気にかけていることが数字に出ています。日本人の性格が、ここにも顕著に表れています。

平均してみると、10000円位の医療保険がかけられています。あとは、それぞれの保険会社の特徴がある特約、安さ、更新時のサービスなどを合わせて検討すると

自分に合う保険が見つかるでしょう。ネットで保険料を算出し比較してもよし、保険を沢山扱っているプロにアドバイスをもらうもよし、更新がチャンスですよ。

損害保険

損害保険の比較見直し、事故対応もよい満足度高い損保!

契約もネットでOK!

 

激安保険

激安保険を求めるなら、インターネットで契約までできる保険商品が一番価格的にお勧めです。販売諸経費を削減できるネット保険が保険料金と保障内容を充実できる可能性があります。

格安保険

保険料金はここが安い!一番だって思える保険がおススメ!不思議なほどに料金が低い保険って?もちろん見積もりとって補償内容もばっちり!もっと評価されるべき保険を全公開!

1.保険を安くした保険料金が安いインターネットの見積もりとかんたん申込

2.料金安いネット保険は得!激安見積と申込

3.保険安い料で大きな満足

4.生保保険が安い

5.インターネットで申し込めばさらに安くなります

本当に安く補償内容が充実している保険

  • 料金が保険安い!ネット保険の見積と申込
  • 料金と補償内容で選ぶ保険
  • 料金がわかる保険!ネット保険の見積と申込
  • 自分で選ぶ保険!ネット保険の保障と料金
  • 自分で選べる!ネット保険の見積と申込!保障と料金の比較
  • 料金と補償で自分で選ぶ保険!ネット保険の見積と申込
  • 保険の保障と料金比較!見積と申込

本当必要な保険を確保できる!いる保険と要らない不要な保険を選別して、いい保険・役に立つ必要な保険に見直しましょう!

 

 

いざという時に困らないようにしておく必要がある!

保険料は、年齢とともに増加するので、一歳でも若いうちにかけた方が得なら、今のうちにかけたい!

数ある保険の中から最適な保険を見つけだせる保険の比較

自分の収入に合わせた保険を見つけましょう!

年齢や性別 職業によっても保険料が変わることもあります。

医療保険や生命保険、女性保険 学資保険 がん保険 年金保険 シニア保険など

突然襲うガンの恐怖!検診で一番気になる要精密検査、がんの疑いを指摘されたとき、神頼みで誤診であってほしいと願いたいものです。でも頭によぎるのが保険の問題。がん保険に入っていなかった時の落胆度は、がなりの深いダメージになります。必要な治療が受けられないかもしれない?そんな思いを避けることこそ健康への第一歩でしょう!

見積や資料の無料請求ができます!

保険は目的に応じた保険が必要です。

保険の見直し相談をしたい!と思ったとき誰に相談しますか?その契約は?

義理人情がらみ生保レディーのプレゼントのために?
損保代理店を生命保険の代理店と勘違いして、詳しくない営業マンに相談する?
無審査で加入できるかんぽ生命のうたい文句につられて?
外資系保険の営業マンのセールストークを高度な知識と勘違いして契約?
銀行のお客様相談窓口なら安心?だと思い言われるままに契約?

保険についていろいろ教えてくれそうな所が多すぎて、みんなバラ色に見える点が問題なのです。

自社の保険しか知らない
取扱い保険を勧めたい
マージンのみ頭にある
本当の知識が素人並
口先と努力で押してくる

失敗しない保険選びをするコツは!
本当に必要な保険を教えてくれる保険を知り尽くしたプロに相談する以外ありません!

 

日常生活で役立つ保険の重要性とは

私たちの生活は常に危険と隣り合わせとも考えることができ、いつ大けがをしてしまったり、大病を患ったりするか分からない為に、医療保険などには加入しておいた方が安心できるものだと思います。

また最近では先進医療が健康保険の適用外になっていることも多い為に、個人で加入しておくと入院費用や手術費用の負担を軽減できますので、こうしたサービスを積極的に取り入れておくことがお勧めになってきます。

実際に入院することになってしまいますと、仕事に復帰するまでに収入が途絶えてしまいますので、万が一の事態に備えて準備しておくことが大切です。

現代ではネット通販型の格安のプランも多数提供されてきておりますので、興味があるという方は是非ご活用されてみてはいかがでしょうか。

 

保険加入を真剣に考えてみる

20代半ば、独身の身としては保険よりも貯金かなと漠然と思っていたのですが、最近周りから入っていた方が良いと言われることも増えてきているので、少し考えてみようと思います。
友人によれば、奥さんが出産のとき大変で高額の医療費がかかったけれど、保険でかなりカバーできたとの事。もしそれがなかったら大変になっていたよ。と実感がこもった口調で熱弁され、確かにそうかもしれないと思いました。
また、よくお勧めされるのが女性特有の保険。これもやっぱり医療費が割にかかり、入っていたのといないのでは大違いよと言われました。
こうお勧めされる中で、なぜ今まで入らなかったのかと考えると、入社直後の頃が思い出されます。入社後、機会があって所謂保険レディーの方とお話しした時の事です。社会人になりたての新人に、ベテランの保険レディーの方が執拗に保険の重要性を訴えてこられたんです。
確かにそうだけど…とあまりの迫力に圧倒されてしまいました。更に、今入ればこんな特典も!と熱心に言われれば言われる程、なんだか怖くなってきてしまって。
そこで、今回私が考えているのがネット保険の活用です。先日もテレビCMがやっていましたが、本当にすぐ申し込めるようですし、なにより夕方から夜にかけてもコールセンターがやっている様なのはいいですよね。
押し売りされるのは嫌だけど、聞きたい事だけ教えてほしいっていうわがままにぴったりです。
今本当に求められるのは人生の無駄の排除・・・乗らない車売却やiマンションの買い替えや売却もそうだし、健康管理も真剣に考えないと病気になってからの医療保険や生命保険より、大事な今の今の断捨離が必要であることを痛感しつつあります。
ネットで色々吟味しながら、終活で葬儀の準備もいいが、それより放置している高額保険契約の見直しや健康寿命の管理を真剣に考えてみたいと思います。

死亡により支払われる保険は生命保険
  • 生命保険
  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 収入保障保険
  • 病気けがによる通院・入院時などに支払われる
  • 医療保険
  • 終身医療保険
  • 女性保険
  • がん保険
  • 就職不能保険
  • 子供の将来や老後に必要な保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 介護保険
  • がん保険
  • がん保険
  • 養老保険
  • 車の交通事故は保険で払う
  • 自動車保険
  • ドライバー保険
  • バイク保険
  • 震災により支払われる保険
  • 火災保険
  • 家財保険
  • 地震保険